初夏は子育ての季節

初夏は子育ての季節

野鳥の多くはこの時期に子育てをします。テレビなのでもよく見かけるであろうカルガモの親子。

カルガモ親子の引っ越しなんかがニュースでも取り上げられます。河川敷などでは、親子で食事を兼ねた散歩をしているのを見かけます。

こちらは、カワアイサの親子。親の背中に乗って移動したりもします。モフモフで可愛らしいです。

こちらは、バンの子供。大きな足でしっかりと歩きます。もう少し成長すると色が薄くなり嘴もオレンジっぽくなりますが、大人になると元の黒と赤い嘴に戻ります。

ここからは平地や山の鳥のご紹介。ヤマガラの幼鳥です。あまり知られていませんが、函館市の鳥です。

こちらはヒガラの幼鳥です。顔つきがまさに子供っぽく、幼いことがわかります。公園なんかにもいる鳥です。

こちらはアカゲラの若さん。まだ羽毛がもさっとしています。いわゆる世間ではキツツキと呼ばれる鳥の仲間で、北海道では亜種エゾアカゲラといいます。

最後に、もし野鳥のヒナを見つけた場合についてこちらをご覧ください。

見つけてしまうと、つい保護してしまいそうになるかもしれませんが、絶対にダメです。画像の中ほどにもありますが、人が保護する方が野鳥にとってダメなのです。そっと見守ってあげましょう。

野鳥カテゴリの最新記事